~医療・介護従事者や脳卒中(脳梗塞・脳出血)の方を支えるご家族様へ~

片麻痺の方の立ち上がりに対する介助・誘導のコツ

 日常生活において、ベッドから起きた際に車いすやポータブルトイレなどに乗り移りする方もいると思います。また歩くためにも立ち上がったのち、歩行へと系列的につながっていきます。そのため、ベッド上で日常生活を送っている人でなければ、何かしら立ち上がりを伴うことが考えられます。

 今回も脳梗塞や脳出血になられた方々(以下を脳卒中)に関わる中で立ち上がりは、利用者側も介助側も多大なる力を必要とします。そのため、看護・介護スタッフの多くも腰にベルトを巻くなど腰への負担が否めない状況だと思います。脳卒中の利用者様に対してどのように関わったらお互いに楽に立てるのかを簡単にまとめています。是非、今回も脳卒中の利用者様に寄り添える切っ掛けとなったらと考えています。

是非、お試しください。

専門家が伝える片麻痺の方の立ち上がり動作における効果的な介助動画

次回は、片麻痺の移乗動作に対する介助・誘導について紹介させて頂きます。

お楽しみに!!!

go to e-mail form