理学療法士

徳田 健二(とくだ けんじ)

保有資格ほか

 理学療法士
 福祉住環境コーディネーター2級

活動歴

医療機関でのリハビリ提供
通所リハビリ施設運営
須坂市委託の2教室の運営

趣味

ゴルフ、スポーツ観戦

「あなたのキャリアについて教えてください」

脳梗塞、脳出血後遺症の方のほか外科的疾患も含めて、回復に向けた理学療法士としての経験が10年以上のあります。
ご本人様・ご家族様の気持ちに寄り添うことを1番に考えながら、急性期病院から療養型病院、デイケア、デイサービス施設など、医療機関、介護保険施設で、脳血管疾患を中心とした幅広い疾患の患者様へのリハビリを実施してきました。

「意気込みを聞かせて下さい」

実は、今までのリハビリ経験の中で、「(リハビリを)しっかり正しく続ければ、もっと良くなれるのに」と感じる場面が多くあり、悶々としておりました。
今回は、その思いを爆発させていけると感じています。
「病気を診ずして病人を診よ」をモットーに、機能改善のその先に、その人らしさを取り戻すお手伝いを精一杯させて頂きます。 その方の「これまで」を尊重し、そしてこの先歩んでいく「これから」を一緒に作っていきたいです。
一緒に、新しい可能性をひろげていきましょう!

伊納 峻(いのう たかし)

保有資格ほか

 理学療法士
 住環境コーディネーター2級
 通所リハビリテーション管理者
 地域ケア会議推進リーダー
 介護予防推進リーダー
 理学療法士協会指定管理者上級

行政との関わり

 千曲市しなのの里ゴールドプラン2推進等委員会及び
 千曲市地域包括支援センター運営協議会委員(3期)
 千曲市坂城町医療介護連携協議会委員
 千曲市通所部会会長

活動歴

医療機関設置の通所リハビリ・訪問リハビリの運営管理

趣味

  山登り 洗車

「あなたのキャリアについて教えてください」

理学療法士として、通所リハビリテーション、訪問リハビリテーションにて10年間経験を積ませて頂きました。一人として同じ方はいなく、多くの出会いが私の財産となっております。

「入院期間中の患者様の姿と退院後の姿は違うのではないか?」

学生の頃にふとそんなことを考え、退院後こそリハビリが必要なのではないかとの思いから、介護保険に身を置き、地域でのリハビリに尽力してきました。
多くの方に支えられ、学ばせて頂けた事で今の自分があります。今後も学ばせて頂く姿勢を大切に、お一人お一人の利用者様と向き合っていきたいと思います。

「意気込みを聞かせて下さい」

介護保険で10年間身を置く中で、一人一人の患者様、利用者様ともう一度しっかりと向き合いたいとの気持ちが強くなっていきました。自費でのリハビリテーションは周知されていない部分も多く、不安に思われる方も多くいらっしゃるかと思います。私自身も新しい環境に身を置く事に不安も多くありますが、それ以上に今までの技術、知識、経験をさらに高め、先輩の村山さん、徳田さんと共に、皆様に還元できることを楽しみにしています。
一期一会、出会いを大切に、「ここに来て良かった」「伊納に出会えて良かった」と思っていただけるように誠心誠意対応していきたいと思います。

作業療法士

涌井麻巳子(わくい まみこ)

保有資格ほか

 作業療法士
 AMPS
 生活行為向上マネジメント研修 修了
 認知神経リハビリテーションベーシックコース 修了
 認知神経リハビリテーションアドバンスコース 修了
 イントロダクトリーモジュール講習会Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ 修了
 群馬ISLS/PSLSコース 修了

活動歴

 2医療機関でのリハビリ提供

趣味

 アウトドア全般

「あなたのキャリアについて教えてください」

作業療法士として、脳卒中(脳梗塞・脳出血・くも膜下出血など)専門の病院や一般の病院で10年間の経験を積ませていただきました。
今までの知識・経験を活かすだけでなくこれからも自己研鑽に努め、皆様のお手伝いをさせていただきたいと思います。

「意気込みを聞かせてください」

医療費削減のため診療報酬が改訂され、「リハビリ難民」という言葉が聞かれ始めてから長い年月が経っています。

リハビリを継続したい・物足りない「リハビリ難民」の方々の葛藤は医療現場で働いていた私も感じておりましたが、自費リハビリは皆様のニーズに応えることが可能かと思います。

利用者様・ご家族様に寄り添い、その方らしい人生を再獲得し歩んでいただくため、精一杯お手伝いさせていただきたいと思います。二人三脚で一緒に頑張りましょう!

高坂光彰(たかさか みつあき)

保有資格ほか

 作業療法士免許
 JBITA公認ボバース成人片麻痺基礎講習会終了
 JBITA公認ボバース成人片麻痺上級者講習会終了 環境適応講習会終了
 日本コアコンディショニング協会 ベーシックインストラクター
 パワーリハビリテーション研究会 運動器の機能向上研修終了
 生活行為向上マネジメント研修 基礎研修終了

活動歴

 2医療機関でのリハビリ提供
 一般社団法人 長野県作業療法士会 選挙管理委員長
 一般社団法人 長野県作業療法士会 技術開発研修委員
 北信リハビリ勉強会 代表
 Nagano Handling Lab 代表
 北信地区身障OT研究会 事務局
 地域の勉強会にて講師・アシスタント多数

執筆・発表歴

 臨床作業療法2017年9.10月号
 活動分析研究会(一般演題、ポスター演題)にて発表多数
 リハビリテーション・ケア合同研究大会 発表
 山梨県作業療法学術大会 発表
 長野県作業療法学術大会 発表

「あなたのキャリアについて教えてください」

脳卒中を中心とした病院を急性期から慢性期、在宅にかけて携わらせて頂きました。また地元の長野県にて働く中で地域のニーズを知るきっかけとなりました。

北信地域のリハビリスタッフの勉強の場や情報共有を目的とした勉強会を立ち上げ、後輩の指導など地域のリハビリの質の向上に努めてきました。

「意気込みを聞かせてください」

takasaka

患者様と関わる中で患者様の持っている潜在性を目の当たりにする場面を臨床場面でよく見てきました。医療・介護保険と違い、自費と言う単価が高い中で十分な時間を確保することで結果を求めて関わることが出来ます。

是非、リハビリをする中で諦めず、一緒に結果を追求してみませんか。


マネジメントサポーター

所長 村山 五月(むらやま さつき)

保有資格

健康運動指導士

趣味

 スポーツ観戦・体を動かす事・晩酌・おしゃれ・ドライブ 

長野地域の切れ目のないリハビリを目指して

長年、介護の分野でお仕事をさせて頂き、思う事は「元気になるためのステージ」が
限られているということです。

医療保険でのリハビリを卒業せざるをえなかった方達が、次に求める十分なリハビリ
環境がなく、身体機能や生活レベルを維持する事が精一杯のような状況でした。

当施設は、医療保険と介護保険をつなぐような、そして介護保険とは共に歩んで行け
るような、豊かなリハビリ環境を長野地域の皆様にご提供させて頂きます。

まだまだ元気になれる!仕事ができる!家族と旅行に行ける!明るい未来を思い描い
ていける!そんなお手伝いをさせて頂きます。

私たちは、ご本人様とご家族様の気持ちを大切にし、最良の時間をご提供させて頂き
ます。

身体の元気が心の元気にもつながり、その後の人生に笑顔が増えますように!

お困りの方、私たちにお話をお聞かせください。


 

メッセージ ~支えてくださる方へ~

三世代家族の幸せな写真
一人の幸せだけのためのリハビリではありません

家族サポートの大切さについて

リハビリは専門家と行う「リハビリの時間」のみを示すのではありません。

24時間のうち専門家とのリハビリの時間は、ごく一部です。その為、当施設ではご自宅での運動プログラム指導や動作指導なども併せて行うことで、最短で最大の成果を図ります。

当施設のリハビリを行い、今より体を動かしやすくなることで、ご本人もご家族も楽になることでしょう。その為にはご家族のサポートが必要となります。

一緒に歩いて頂いたり、少し上手くできた所をほめたり、動作のポイントを一緒に確認するなどの簡単なことで構いません。

遺症により、手足を動かすのが大変なところを見ると、つい手を貸してあげたくなると思います。ご家族であれば尚更でしょう。しかし「できない所をやってあげる」ではなく「どうすれば今より生活動作が改善するか」を専門家から教わり、ご家族も一緒に取り組んで頂きたいと考えます。

ご利用者様にとって、ご家族の方の応援は大きな力になります。
ぜひご一緒にお越しくださり、改善に向けて頑張る姿を見て頂きたいと思います。

価値ある時間と活気ある生活に向けて

脳卒中後遺症のみならず、障害の受容には次のような段階があるといわれています。
①ショック期
②否認期
③混乱期
④解決への努力期
⑤受容期

もちろん、全ての人が同じような心理的な変化を経験するわけではありません。しかし、多くの方にこうした心境の変化が現れると考えられています。

なぜ、「障害の受容」が必要なのでしょうか。

その答えは「現状を受け入れ、障害と折り合いをつけて生活し共存していく」ことで、生活に活気が出るからです。「障害とうまく付き合っていく」方法を見つける手伝いをするのも私たち専門職の役割だと考えます。そして、その過程には、寄り添ってくれる人(家族・友人)の存在が必要不可欠です。

当施設に興味を持つ方は、「解決への努力期」かも知れません。本人は「混乱期」で抑うつ的になっている中、奥さまが解決に向け努力しているかも知れません。心境の変化によって③~④~⑤を行ったり来たりしながら、最終的に本人・家族ともに「受容」できると考えられます。

機能改善をめざす活動により、その人らしい生き方を取り戻すというお手伝いを精一杯させていただければ幸いです。

go-to-mail-button