何事においてもスタートするために重要な事

それは「目標」を立てることです。

しかし、ここで重要なのは間違った目標はその効果を発揮できないということ。

「成功への道しるべ」となる目標の効果は
・安心感が生まれ、迷いがなくなる
・モチベーションの向上
・自分の現在地(現状)の把握
・達成感を得られる
・主体的になれる
・パフォーマンスの向上  などなど・・・

しかし
リハビリにおいて「目標は?」の質問に
「もっと歩けるようになりたい」
「こっちの手が動くようにしたい」
といった風な回答が多く聞かれます。

これらの目標で、目標が達成され満足のいく結果がもたらされるでしょうか?

答えは「NO!」

そこで、達成に近づく目標設定のためにご紹介したいのが「SMART」です。
S(specific):具体的に
M(measureable):測定可能、定量化
A(achievable):達成可能な
R(related):本人に関係がある
T(time-based):期限がある

「SMART」の要素が目標に含まれているかをセラピストと一緒に考えながら、より具体的かつ達成可能なリハビリ目標を立てていくことが、目標達成のスタートとなります。

「何のために」を「具体的」に設定する。

是非あなたのこれからの目標設定にお役立てください。