息切れなく歩けるようになった!

ご本人について 

F様 60代男性 (脳梗塞 左片麻痺 高次脳機能障害) 

今までの様子について 

今年1月から週2回90分8回のプログラムを開始なさいました。 

麻痺側左下肢で支えることができずに、右手右足中心の動作となっており、四点杖での歩行では、右前方へ体が崩れてしまうために介助を要しました。7~8m前後の歩行で息切れ、右膝、左下肢付け根の痛みの訴えも聞かれました。

これまでの取り組みの成果 

8回の介入にて、右手右足中心の動作から左足で支えることができるようになり、右前方への崩れも改善し、見守りで四点杖歩行可能となりました。左下肢で荷重できるようになり努力性の歩行が改善し、体力の向上から息切れなく35m以上歩行可能となりました。 

ご自宅で奥様と歩きたいとの希望から、奥様に当施設まで同行してもらい、歩行介助指導を行なわせて頂き、後半では実際にご自宅に訪問し、歩行前の注意点の確認から、歩き出す前の準備運動、距離、方向転換、歩行環境に転倒の危険が潜んでいないか等、ご本人、奥様が無理なく安全に行なえるように、細心の注意を払い指導をさせていただきました。 

ご自宅でご自身、奥様で歩行訓練を行なうことは不安も大きいことと思います。安心してできるために、歩行距離の延長、段差や不整地の歩行の安定を高め、次の目標である「お庭を一緒に歩く」に向けて進めていきます。